1. 塗装の窓口 トップページ>
  2. 外壁塗装をしないとどうなるの?

外壁塗装をしないとどうなるの?

 

外壁塗装の塗り替え時期は、その家の状況によっても異なりますが目安として10年ごとと言われています。 塗料の役割はなんでしょうか。外壁は毎日紫外線や雨風、外気にさらされながら、何年何十年と大切な家を守ってくれています。 それらの外からの刺激により、外壁塗装は毎日少しずつ剥がれていきます。 外壁塗装の耐久性が失われた場合、以下のような症状が起こります。


防水効果の低下

 

雨や雪などの水分、湿気の侵入を防ぐ事ができません。外壁に少しずつ水がたまり、湿気を帯びてきます。湿気を帯びて乾燥するという繰り返しで、壁自体にゆがみが生じています。

ひび割れ

 

塗装が剥がれて耐久性が無くなってくると、外壁にひび割れが起きます。それとともに外壁が反ってきます。それにより外壁の劣化がますます進行します。

外壁内部の劣化

 

外壁のひび割れが起こると、そこから湿気や汚れ、雨などの水分が外壁の内部へ染み込みます。そこから外壁内部の劣化(腐食)が起こってきます。

外壁内部の腐食

 

外壁の内部に水分や湿気が入り込むと、外壁内部にある木材部分の腐食が起こり始めます。その腐食がさらに進むと、ひどい場合は外壁が崩れ落ちる可能性もあります。

家の傾斜

 

木材部分まで腐食が進んだ場合、家が傾く可能性もあります。また、家に隙間が出来ると当然ながら断熱性も低下します。エアコンをつけていても夏は暑く、冬は寒く、電気代も高額になりやすくなります。

コンクリートの強度低下

 

内部に水分が入り込むと、外壁コンクリートに含まれているセメントの成分が中性化して、コンクリート本来の強度が失われます。

雨漏り

 

壁自体が雨や湿気を直接受けることになるため、そのうちに水分の侵入が防ぎきれなくなり、住居部分へ水分が漏れ出します。いわゆる雨漏りです。