1. 塗装の窓口 トップページ>
  2. 塗り替えのタイミングの目安

塗り替えのタイミングの目安

ここまで黄色信号のポイントを挙げてきましたが、このような症約10年から15年でどんなお家でも外壁が古くなりヒビが入って雨水がはいってしまう、またはカビ・コケの発生、紫外線による外壁の変色、サビがつく、などなど様々な症状が出てきます。そのような症状がでてきたら、まずは必ずプロに診断を依頼しましょう。プロに点検を依頼する際は、任せきりにするのではなく、一緒に外壁を見て気になる部分などを伝えることをお勧めします。塗装の劣化を放置してしまうと、内部からボロボロになってしまったり、建物の構造自体にダメージを与えかねません。 10年から15年というのはあくまでも目安ですので、「外壁に症状がでてきたかも。。。?」と思われたら、手遅れになる前にメンテナンスを依頼しましょう。

症状の黄色信号

・クラック

ヘアークラックと呼ばれるものですが、髪の毛ほどの小さなひび割れが最初に見られます。 それをそのままにしておくと次第に太くなり、壁の内部に水が入るようになってしまいます。 建物の隅や窓枠付近から発生することが多いです。

・褪色

いわゆる色あせの事です。 外壁は常に紫外線にさらされていますので、次第に色あせていきます。 次第に白っぽくなるため、どうしても濃い色の外壁ほど褪色が目立つ傾向があります。

・外壁材の浮き・反り

サイディングやパネルボードなどは水を吸う性質があるため、外壁の防水効果が低下すると吸水と乾燥を繰り返すうちに浮き上がりや反りがおこってきます。 それがひどくなるとボード自体が割れることもあります。

・チョーキング

外壁を触ると、チョークの粉のように白っぽい粉や黒っぽい粉が付く現象をいいます。 紫外線にさらされるうちに、塗装の膜が粉を吹いている状態です。 このチョーキングが始まるともともとの外壁の光沢も失われ、カビ汚れが発生して汚染も進んでしまいます。

・カビ

カビには赤カビ・青カビ・黒カビなどいくつもの種類がありますが、塗膜の防水効果が低下することにより、雨にさらされる外壁は常に湿っている状態となります。 よく見られるケースが、外壁に緑色や黒いカビや発生している状態です。 これが外壁の傷みに繋がります。

・爆裂

寒冷地によく見られる症状で、凍害によってボロボロと外壁が剥がれ落ちてくる状態です。 冬に雨や雪を吸い込んだ状態で、その水分が内部で凍結し、素材自体を侵食してく症状です。 ここまでくると、窯業系の外壁材は再塗装が難しくなります。 金属サイディングを上から貼ったりサイディングを貼りかえてから塗装するなど、比較的大掛かりな作業が必要になってきます。

・サビによる腐食

金属系の外壁材で多いのが、サビによって起こる腐食です。 サビで真っ赤な状態になると、素材自体が侵食されているためその上から再塗装してもきれいに仕上がりません。 赤サビになる前の白サビの段階で早めにサビ落としをして再塗装することをおすすめします。

・コーキングの劣化

サイディングボードは目地やつなぎ部分がコーキングによって処理されています。 このコーキングは、早いと5年くらいで収縮し、隙間ができてきます。 そこから雨漏りに繋がってしまいますので、隙間が出てきたら早めにコーキングの打ち替えが必要となります。

まとめ

ここまで黄色信号のポイントを挙げてきましたが、このような症状は出ていませんでしたか?
最初は見ても良くわからない、判断がつかないという方も多いかもしれません。
人の身体も同じですが、外壁も一旦傷んでから修復をしようとすると、工事も大掛かりなものが必要になり、それにしたがい費用も余計にかかってしまいます。
一度病気になってから治療するより、予防する、という考え方が重要です。
症状がひどくなってから費用に頭を抱える前に、健康診断を受けて治療が必要な部分を早期発見するように、大切な外壁も早めにプロに見てもらうこともお勧めです。
大掛かりな工事を必要とするひどい状態になってしまってから、高額な費用に悩まないためにも、事前に知識を身に着けて自分でチェックしたり、早めにプロに見てもらって対策をとることが必要です。