1. 塗装の窓口 トップページ>
  2. 壁と屋根以外の塗装できる場所

壁と屋根以外の塗装できる場所

 

塗り替えられる場所、というのは、外壁や屋根などの大部分だけではありません。
外壁塗装と一緒に塗り替えられる場所をご紹介します。


軒天・破風

 

屋根と壁の境である軒天は直接日の光や雨風が当たるわけではありませんが、台風などの悪天候時は勿論、屋根から伝ってきた雨水などで他の外壁と同じようにダメージを受けています。
また破風とは屋根の木材を隠すための部分ですが、屋根と共に家の高い場所のため雨風のダメージも直接受け、瓦よりも痛みやすい箇所でもあります。
どちらも外壁の一部となりますし、建物を見上げた際に屋根瓦よりも目に入る部分でもあるため、保護と景観の為にも、外壁や屋根の塗装と一緒に塗り替えておくことをお勧めします。

雨戸・戸袋

 

雨戸をしまっておく戸袋は屋根の下にあることが多くとも、外壁と同じように日々外からの刺激を受けています。
また戸締りの際に毎日開け閉めを繰り返す雨戸は、特に嵐の際に窓ガラスに代わって家を強く守ってくれています。
そのため、外壁よりも晒されている時間が短かったとしても、少しずつサビや塗装の剥がれが起きてしまいがちです。
あまり重要に感じないかもしれませんが、いざと言う時に使えない、というのが一番困りますので、外壁塗装をする際に一緒に見直すのも良い機会かもしれません。

雨樋・基礎(土台)

 

家の屋根から壁の角を伝う雨樋は、無いと困るものですが意外と目に入っていないことが多い箇所です。
ですが、屋根も壁も、そして軒天もきれいに塗り直した後、大きく家を眺めた際に、家を伝う手付かずの雨樋が嫌に目立ってしまった、なんて溜め息話を聞いたことがあります。
家の基礎は文字通り、足元で家の全てを支えてくれている大切な場所です。
基本的にコンクリートがむき出しになっている事が多いのですが、こちらも塗装することによってカビやコケを生えにくくしたり、コンクリートが水を含んで起こるヒビ割れや中の鉄筋の腐食などを防ぎ、家自体の耐久性を上げることが出来ます。

ウッドデッキ・バルコニー

 

DIYなどでよく取り上げられ、自分の手でやることも最近はメジャーとなってきている箇所ですが、やはり専門家ですから塗料の効果を無駄にしない施工を施すことが出来ます。
特に屋外の自慢の場所ですから色褪せが一番気になると思います。
DIYでは色だけを気にしてしまいがちですが、専門家はそれを改善しつつも強度や防水性も考慮したご提案ができるかと思います。

塗装を行える箇所は屋外だけではありません。
家の中でも塗装をすることで効果がある場所は沢山あります。




壁・床

 

インテリアに欠かせない塗替え箇所です。
最近の家では壁紙を使用していることが多いですが、近ごろ流行りのリノベーション住宅では、内装も好きな色や模様に塗装を施すことも多くなってきました。
壁紙では型が決まってしまいつまらないと思ったら、内壁塗装を選択してみても面白いかもしれません。
床に塗装をする際は、主に耐久性を考えて塗料選びや施工を行います。
日々のお掃除が楽になるワックス効果やペットやお子様による傷の補修効果などがあります。

階段・手すり

 

家の中で大きな動きと言えば階段の昇り降りが思い浮かぶ程に、階段では激しく人や物が行き来しています。
重たいものが角に当たったりすれば傷は付きますし、踏み込む数や力が多い程に板の軋みも聞こえてくることでしょう。手入れもしにくい階段には汚れの付きにくい塗料や傷の補修度の高い塗料が向いているでしょう。また家の中にある手すりも、屋外に比べてサビにくいとはいえ、お手入れは欠かせません。
劣化しないように錆止めをしたり、滑り止め効果のある塗料を塗って安全度を高めるなどもできます。

以上のように、塗装はあらゆる箇所に施すことが出来ます。
もちろん塗装が可能か、塗装で修復が可能かをしっかり確認し、ご相談させていただきますので、お気軽にご希望をお伝えください。